読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやつはバナナ

飽きるまでやる

嫌いじゃないけど気持ち悪くて無理

皆さんこんばんは。いつも陽気なニシローランドゴリラのフレンズです。

突然ですが!これ!担降りブログです!!

わー!すごーい!初めて書くー!理由はタイトルそのまんまです。とっても楽しくお送りしたいと思うのでお暇があればお付き合いお願いします。

 

きっかけは初めての良番

※ここから先何がきっかけで興味が湧いた人がグループ名で検索したときにこのブログが万一引っかかってその気持ちを邪魔してしまうのは嫌なので具体名は出しません。

私の推しアイドルグループが初めての全国ツアーをすることになりました。元々このグループにハマったのも推しを好きになったからというのが1番ではありますが、それ以前は若手俳優オタをしており月何回にも及ぶ東京への舞台遠征、内容はないのに金を吸い取る舞台への出演、大きな舞台に出れば演出家がTwitterで炎上、オタク同士のハイブラプレゼントのマウンティングに疲れていました。新しい現場を調べたら自分の住んでいる土地を中心に活動していること、プレゼントは手紙以外一切禁止であること、演技の仕事はほぼ身内仕事であることがとても楽に見えました。実際オタクになると俳優オタの時より気持ちも財布も体力も楽ですごく楽しかったです。

私はチケ運がものすごく悪いです。俳優オタの時に割高値段で前4列の良席確定チケットを買って4列目を引き当てたのが1番の良席だったくらいに。アイドルに主現場を変えてからもチケ運は悪く1500キャパの箱で300後半出したのが箱ライブの中で1番いい番号でした。そんな時全国47都道府県のライブハウスを回るツアーが決まりました。中にはキャパが250とかすでにオタク人生最高の良番が確定してる箱もありました。行きたい。たまには前で推しを見たい。欲丸出しで平日の交通の便が悪い公演を取りました。幸いにも親族のいる地域だったのでどう行けば安いか等の計算が瞬時にできたので即決です。上司にも「ここ3連休取るんで。取れなかったら仕事辞めるんで」ってくらいに圧をかけて有給を取りました。社会人として終わってるクズですね。土日の関西や関東公演は全滅したものの本命である過疎地域は一次抽選で確保が出来ました。発券。2桁!しかも50より前! いやいやw1桁とちゃうんかーいwみたいに強運の持ち主に言われそうですが私は舞い上がるほど嬉しかったです。姉に「最前は流石に無理だけど運よかったら2列目行けるよね!」と頭の周りにお花を散らしながらツアーが始まるまで何回も話を聞いてもらいました。

いざ当日になって箱に入ると2列目は無理でしたが3列目の背が低いゾーンに入り込めました。しかも推しのMC立ち位置ドセン。私のオタク人生の幸運値がそこに詰め込まれていたと言ってもいいでしょう。さらに私の幸運は続きます。両隣が同担でライブ中左右から「この2人…私と湧きポイント一緒だ…!」という気配がビンビンに伝わってきました。ぼっち参戦だったのでそれがすごく心強くてライブ後には「○○の時の汗!やばくなかったですか!」って挨拶もなしに話しかけてました。ゴリラ人見知りなのに。多分姉が聞いたら「ゴリちゃんどうしたの?!」ってびっくりさせてしまうと思います。不審者でしかない声の掛け方だったのに伝わってきた気配は本物で、会話してくれてTwitterを相互フォローしてくれる優しい子たちでした。ライブも楽しかった!場所もよかった!周囲の人も優しかった!運の悪い私が1時間半ほどでこんなに幸せな体験をしてしまったからでしょうか。落とし穴もすぐ側にぽっかり空いていました。

 

良番だからこそ見えてしまったこと

 いつもは3桁番号でメンバーの生首を見ていましたので気づかなかったんですけど私の推しってファンサめっちゃピンポイントなんですね。貰える番号にいたことなかったんで知りませんでした。その日の最前、私より少し上手寄りにいたヒールを履いた*1細身の女性がせっかく最前にいるのにものすごい地蔵*2でメンバーに一緒に歌いましょう!踊りましょう!って煽られても地蔵を貫いていました。それでMC長引いてるから正直曲中は地蔵でもいいから今だけちゃちゃっとやってくれと思ってしまうほどの頑固さ。曲が始まってもやはり彼女は地蔵でした。成人男性だけのグループにしては異色の地元を全面に押し出した可愛らしくも騒がしいお祭曲だったのでこの人はかっこいい曲やしっとりしたバラードが好きなのかもしれないとオタクのカタチ1つじゃないなあなんて思っていました。

そうじゃなかった、多分。私の推し(彼女も同担でした)とグループ1の人気メンが曲中地蔵を貫く彼女を何度も何度も煽るのです。曲が変わっても。それでも彼女は動かない。だってメンバーが動かない方が構ってくれてるもん。声出すのも、ペンラを頭より下っていう中途半端な高さで振りコピするのも私が楽しくてやってることだけど疲れます。コールやペンラは楽しくてやってることだけどその行動に「今楽しんでるよ!」って「ステージにいる貴方が素敵だよ!」っていう気持ちも含まれてます。もちろん「貴方が好きだよ!こっちを見て!」って気持ちも。けど彼女はそんな労力を一切使わずレスを一身に集めてました。こんなに報われないことってあります?盛り上がる気がないんなら逆最前でドリンク片手に壁にもたれて彼女面しててほしい。こんなに彼女以外のファンが盛り上がっているのに。そっちが盛り上がれって言ってるのにオイシイ思いしてるのは地蔵っておかしくない?上がったもんも下がってまうわ。正直者が馬鹿を見てんじゃん。それともあれか?さっき「このくらいのキャパなら後ろまでしっかり見えるからな」って言ったの嘘か。最前しか見てないもん。エイプリルフール終わってんぞ。会場で貴方たちの担当カラーのペンライトが何本揺れてると思います?何で揺れてると思います?見てないからわかんないか!悔しくてコールも振りコピもやめたくなりました。でも他のメンバーがアイドルとして誠実に振舞っている。ここで辞めて誠実な彼らが傷つくなんて最高のパフォーマンスをしているメンバーに申し訳ない。そうやって彼女への爆レスをなるべく視界に入れずにステージを見続けました。やっぱり推しのことが好きだって再確認できるいいライブでした。彫りの深い顔を伝う汗、横を向いた時の長いまつ毛、恵まれた体格と運動神経で繰り出される蹴り、メンバーに見せる緩い笑顔、しっかりMCをまとめる姿、メンバーにイタズラしたりし返されたり。こんなに近くで見たことなかったから好きが溢れて溢れて、最前地蔵のことがどうでもよくなるくらい。

ライブ後別でチケットを取っていた友達とそのまた友達と居酒屋でライブの話、推しのかわいい話、オタクの悪口でめちゃくちゃ盛り上がりました。ライブ後だし酒キメてるしでやばいやばい。店員のお兄さんがカルーアミルクをシャカシャカしてくれてる時「フゥ~~~~⤴︎⤴︎⤴︎」って言いながらエアペンラ振り回すくらいのやばいテンション*3。その後ホテルに戻ってライブ後のアドレナリンが全て排出されて蘇ってきたのは楽しさよりも悔しさでした。

 

書きたくなかったファンレター

私は自分が行く現場はできる限り推しへのファンレターを書くようにしていました。職業柄お客様からお気持ちを文字で頂くことがあるのですが私はこれがたまらなく好きです。幼い子が覚えたての文字で一生懸命書いた拙いありがとうも文字が書けない代わりに描いてくれた私の似顔絵も当たり前のことをしただけなのにすごくすごく丁寧な日ペンの漫画でしか見たことない便箋を貰ったり時にはお叱りを頂くこともありますが自分のために割いてくれた時間を大切にしたいと思えて気が引き締まるからです。

推しにたくさん元気を貰っているからそれを返したくて現場の感覚が短かろうとその都度「すごーい!かっこいー!」って脳みそ溶けた文章を送ってきました。次の日隣県の公演も抑えていたのでバッチリ便箋持ってきていました。何なら封をするテープ類を忘れたのでその日イオンに行ってダイソーでシール買いました。それが県外で使った最初のお金でした。ご当地名産とかに使いたかった。ホテルのシングルルームで便箋にペンを走らせながら楽しかったことを綴っていても、その楽しかった気持ちは本物なのに悔しさを隠して綺麗なことだけを書く事がその時の私には出来ませんでした。せっかく書き出してしまったのをやめても眠れそうにないのでここから先はファンレターに書くべきことではないと思っていると卑怯な前書きをして悔しさを本人に伝えることにしました。「MCで喋った内容と行動の矛盾なんとかしろ」というのをものすごく丁寧な言葉で書きました。書いて、封をして、ライブ用のショルダーバッグに入れて、当日の物販。目の前にあるファンレターボックスに入れるかどうかすごく迷いました。出しても出さなくても後悔することはわかっていましたのでよくオタクが言う「やらない後悔よりやって後悔」を選びました。

これはファンレターの中には書かなかったけど、推しくん。こんなこと書きたくなかったよ。書かせないでよ。

 

 王手は地蔵女の顔

次の日の隣県公演は前日仲良くなった子と偶然連番で一緒に見ました。これが本当に嬉しかったし楽しかった!やっぱりぼっちより友達と見た方が楽しいですね。ライブも地元のファンが来てくれてありがとう!っていう気持ちをストレートにメンバーに伝えててそれに影響されてかファンのレスポンスが早いし熱くてこんなに楽しい現場はじめて!ってオタ歴2年弱と少ないながらも心から思ったライブでした。前日のモヤモヤが吹っ飛んだ!やったー!やっぱり推しくんシカだな~♡なんて言って遊んでたんですけど偶然前日の地蔵女のご尊顔を知る機会を得てしまいました。そんなチャンスいらんかったけど。

華奢で可憐な後ろ姿からは想像できないマットファンデで肌がガサガサに乾燥して鳥取砂丘とどっこいじゃ~ん!ってお顔のケバいBBAでした。私はとても面食いです。じゃなければ人生の大半をイケメンに費やしていないし、女友達も身だしなみがしっかり整っている清潔感ある平均以上に可愛い子以外は無意識に切り離してるよねって言われたことがあるレベル。だから地蔵女が美の暴力を振るえるご尊顔かそうでなくてもきちんとお手入れをして自分を磨いている子なら余裕で許します。でも実際は波打つ砂丘のベースにリップチークシャドウ色物塗りすぎの人間寄りのモンスターだったんです。多分私とお年が近いか少し上な方だと思いますが、アラサー以降は塗りゃいいってもんじゃないんだ…*4。容姿の話をするとお前は人のことを言える顔面なのかよ!と言う反論が付き物ですが並べたところで静のブス(地蔵女)VS動のブス(ゴリラ)地獄妖怪大戦争になるだけなのでお控え頂きますようお願いします。

別に彼女がブスであっても関係はありません。私もブスだからお互い強く生きような!って励まし合いたいくらいで彼女への感想は終わりです。私がドン引きしてしまったのは推しに対してでした。あの日のライブはその砂丘ブスをずっと構ってたの…? と。まじで?もっとマシな子たくさんいるよ?最前で貴方のペンラ持ってる子他にもいたよ?あえてそれ?うわーまじで?趣味悪くない??まさか推しと価値観の相違がこんな風に生まれてしまうとは思いませんでした。どうせなら可愛い子を構ってくれれば「美人は得だなあ!来世は絶対広瀬すずに生まれてこよう!」って容姿のせいにできたのに。地蔵女がブスだったばかりに「もしかしてコールとかペンラって迷惑だった?やんない方がよかった?」と応援だと思ってよかれとやってきた行為に不安が生まれてしまいました。じゃあ私も地蔵になるか?と言ったらそれは絶対に無理です。最初はただ推しが好きで推しのことを見たくて通っていた現場でしたが今はグループが曲が全部全部好きになっていたからです。最高の曲があるのに盛り上がれずにいれるほど感度悪くありません。じゃあもう気にせず自分の思うスタイルを貫けばよいのではないか?ごもっともですが曲も好きだけど推しも好きなんです。またデカい箱で3桁4桁の番号で最前に目線を向ける推しを見たらそこに砂丘があるのか?って余計なこと考えてしまいそうです。私はとても短気なのでこの矛盾を我慢できないと判断しました。他界するしかない。

他界すると決めたらそれまで凹んでいたのが嘘のように「他界って何したらいいんだろー?!あれやりたい!ジャニオタさんたちがやってる他界ブログ!理由とか推しへの気持ち書きた~~~い!」とここまでアクセル全開で走り切りました。くぅ〜w疲れましたwwwこれにて他界です!推しもグループも大好きなんですがドン引きが糸を引きまくっているのでオタクの映らないテレビを見ながらゆっくりお茶の間からオタクではなくファンとして応援して行きます。

 

推しくん、いままで本当にありがとう。貴方に心を助けて貰ったこと数え切れないくらいあります。その都度お礼を伝えてきたつもりだったけどあまり真面目に取り合ってくれませんでしたね。コンプレックスを毎回いじるのもやめてくれませんでしたね。そういう気軽に喋れるクラスメイトの男子みたいなとこ好きでした。同時に最後に頼るお兄さん的な存在でもありました。ラジオのお便りもたくさん読んでくれてありがとう。最近大喜利やらないね。次やる時はジャッジとチョイスの担当メンバーによくよく考えるように言った方がいいと思うな。変な単語詰め込めば勝てるみたいになってどんどんレベル下がってるから。本当に今まで支えてくれてありがとう。もう私もいい歳だからいつまでも青春ごっこしないでちゃんと自分の力で立って歩くね。友達でも家族でもない私に言われるのは嫌だろうけど、女の趣味悪くない?忙しいだろうけどコンタクトの度合わせてもらいにちゃんと眼科に行ってね。さようなら。

 

様式美

さてこの界隈は盛大に他界宣言をしたオタクほど「やっぱり推しくんシカ♡♡♡」って言って短期間で戻る習性があります。多分私もそうなんじゃないでしょうか?だって推しもグループのこともめっちゃ好きだもん。友達もたくさん出来たし現場にいたい気持ちはあるし。けど推し変って感じはないです。二推しがいるけどいきなり今日から彼単推しにします!ってボーダーペンラ作るのは二推しに対して失礼だと思うので。だって「何で俺のところ来たの?」って聞かれて「二推しから繰り上げ当選だよ♡」とかとても言えないしそういうこと言うオタクがいたら私めっちゃ殴りたくなると思います。

だから推しへのこのこじらせた気持ちが解けるまでさようなら!オタクの皆!また会おうね!

*1:ゴリラは箱ライブでヒールを履いてくる女を周りに怪我させても構わないという思考のサイコパスだと思い恐れている。

*2:オタク用語。ライブ中お地蔵様のようにじっと動かないオタク。

*3:普段のゴリラは大人しい。

*4:経験したゴリラは語る。